笑菱会 知る人ぞ知る

佐賀 夢咲落語会の席亭をしています。

第24回夢咲落語会 皆さんに支えられおかげさまで大盛況でした!

当日プログラム

 佐賀もコロナ感染が増える中、約130名のお客さんに来ていただきまして大盛況でした。

24回目ともなると常連さんも多くなり、会場係も必要ないようなアットホームな感じになってきました。

 

松竹梅(らんず)‥めくり屋らんずではなく、演者としてトンパツで登場。久しぶりのらんずさんの高座を待っている人がこんなにいるとは驚いた。明るいよく通る声と柔らかい口調でファンを魅了し、おめでたい噺で会場をホンワカな気分にさせていた。

 

手紙無筆(風太郎)‥待ってました!笑菱会の重鎮、風太郎さんの高座を楽しみにしている人は多い。軽妙な語り口としぐさ、洗練された間に引き込まれ、お客さんも思わず笑ってしまう。今では他人とも思えないというファンもいる。次回もお楽しみに。

 

粗忽長屋(さい生)‥野球拳の曲に乗って会長登場。今回は粗忽者の落語を披露とばかり、そそっかしさの決定版の粗忽長屋に挑戦。名人可楽のような雰囲気はいかにも玄人好み!お客さんも肩を震わせながら笑う。八っつぁん、熊さんの長屋噺は心地よい味わいがあります。

 

猿後家(三鶴)‥猿に顔が似た女将さん、これを取り巻く出入りの職人とのやり取りを面白おかしく三鶴ワールドで表現し、お客さんも今日一番の笑いで盛り上がった。本人は「噛んだ、噛んだ」とぼやいていたが、あれだけ喜んで頂けたら贅沢でしょ!

 

まめや(助々)‥いつものようにトイレ帰りのお客さんをまくらで迎えながら、噺に入る。売り声の調子が面白かったと笑ってもらってよかった、よかった。明るく元気な落語で会場を温めかぶりつき兼ひざの役目を務め、トリに繋いだ。

 

お直し(一丁)‥昭和の東京の寄席の匂いを漂わせながら廓(くるわ)噺(ばなし)で初の大主任(とり)。聞き心地の良い江戸弁で40分弱の大作をテンポよく喋りきった。廓の世界で落ちるまで落ちた男女の悲哀を表現した貴重な廓噺、かつて志ん生が芸術賞を受賞し「粋な文部大臣だ」と言ったことで有名。佐賀のお客さんもこんな噺を一丁ワールドでたっぷりと聴けてよかったでしょう。

 

今回はコロナ感染が少しずつ増える中、会場へのお客さんからの問い合わせも多かったとのこと。会場のスタッフさんも今では自分たちの落語会のように大事に思ってくださっていることに感謝、感謝です。

 

次回は25回目の節目となります。3月18日(土)の予定です。

第24回夢咲落語会のお知らせです。

第24回夢咲落語会

相変わらずのご無沙汰でございます。早いもので11月になり、紅葉の色が秋の深まりを教えてくれています。

さて、笑菱会の定期寄席、第24回夢咲落語会を11月26日(土)に開催させていただくことになり、案内申し上げます。今回は私を除いて、演者総入れ替えで名人芸の風太郎さん、座布団返しのらんずさん、お江戸からは一丁さんも登場、噺も長屋噺から廓噺までバラエティーに富んだ内容になっています。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

第23回夢咲落語会 おかげさまで無事終わりました!

コロナが佐賀も収まらない中、今回の集客は100人を超えればいいかなと思っていましたが、笑菱会の人気も大したものです。地元スターの久々の登場とありまして、常連さんに加えてはじめての方も多く足を運んでいただきました。

その数、158名と驚く集客力でした。まさに命知らずのお客様(コラコラ!)

13:15の開場でしたが12:30頃からお客さんが入り始めまして、順調に準備を進め13:00には開場することができました。

らんずさんからのご案内、さい生会長挨拶を終えて予定通りに開演。

 

ぜんざい公社(銀馬)‥銀馬さんのとぼけ顔と登場人物が重なって、いつの間にか噺に引き込まれていく。お役所気質をユーモアたっぷりに演じて会場は笑いと和やかな笑顔に包まれました。

 

源平盛衰記 扇の的(牛〇)‥源平合戦の真相を神田伯山張りの語りで牛〇先生が名解説。要所要所で笑いをとりながら格調高い噺を展開。前回のがまの油の口上に続いて軍記物の噺、次回は釈台と張り扇で本格的な講談に挑戦か?

 

天狗裁き(さん酔)‥久しぶり登場のさん酔さん。これまでの路線とは違って滑稽噺にチャレンジ、駆け付けたさん酔ファンも大喜び。本人も原点回帰に手ごたえ十分のようでした。

 

阿武松(ぱん駄)‥今回お江戸から出張出演のぱん駄さん。久しぶりに高座に初めての方も、常連さんも、楽屋の仲間も大喜び。何を演っても「ぱん駄ワールド」、面白いこと間違いなし。本当にふしぎな(貴重な)存在です。

 

あくび指南(助々)‥あくびの落語とはなんだろう? 不思議に思った人、心配した人も少なくなかったが、本当にただあくびを連発するだけのシンプルなばかばかしい落語だった。顔芸シリーズが続きます。

 

禁酒番屋(粋夢)‥主任は地元の多くのファンを引き連れてきた粋夢さん。膝のリハビリ中とあって出番前にはおかかえの理学療法士さんに丁寧なマッサージを受けて高座に上がる。噺に入ればいつもの「粋夢ワールド」、大笑いする人、体を心配する人、噺を心配する人、いろんな人の思いをのせて無事オチまでいきました。達成感いっぱいの1日でした。

 

追い出し後も熱心にアンケートに答えて頂いている姿に感謝、感謝の1日でした。引き続きごひいきのほどを。

次回は11月26日(土)の予定です。

第23回夢咲落語会のお知らせ

ご無沙汰しております。

佐賀でもコロナがまだ流行っております。

夏の花火、江戸隅田川の花火はもともと疫病退散の目的で始まったそうです。同様に笑菱会の夢咲落語会も「笑いでコロナ撃退寄席」と称して開催したいところです。

時間はいつもと違う13:15会場、13:45開演となっております。皆様のお越しを楽しみにしております。

今回はこの6人が出演します。

第22回夢咲落語会、大盛況、有難うございました❕

第22回夢咲落語会

今日は我が家の近所のさくらも満開です。

 

先週土曜日の第22回夢咲落語会もおかげさまで盛会でした。

当日、朝からの雨でお客さんはどれくらい来てくれるかなと心配しましたが、有難いことに公式発表134名とたくさんのお客さんに足を運んでいただきました!しかも新規の方も多かった、感謝、感謝。

 

開口一番 笑菱会新会長のさい生さんのご挨拶で始まりました!

 

近日息子(らんず) 妙な機転を連発する息子殿を明るく楽しくテンポよく演じ、お客さんを惹きつける。オチに近づくにつれ笑いが大きくなっていき、最後は見事にストン。気持ちよく落ちました。ただの座布団返しのおねえさんではない!

 

穴どろ(一丁) 泥棒が赤ん坊をあやす仕草は本当に赤ん坊がみえた、さすが!とお客さんの声あり!玄人受けのする江戸前の落語こそが一丁ワールド。今回も存分に発揮しました!

 

死ぬなら今(風太郎) 落語やります!で始まった逆さオチ、お彼岸でタイムリーなネタ!噺中、はめものもでこだわりの演出!おかげで会場はドッカン、ドッカンの大受け。風太郎ワールド爆発でした!

 

長屋の花見(さい生)前の演者が会場沸かしすぎ!さぞやり難かっただろうが、そこは新会長動じず、貧乏長屋の花見でのドタバタ噺を八代目三笑亭可楽のような芸風でやや抑え気味に演じる。さすが新会長!中トリの風格、落語通にはたまらない!

 

浮世床(三鶴) 湯屋番に続き、色っぽい女性が出てくる妄想話に振り回されるドタバタの笑い噺は三鶴さんの十八番になりつつある。鼻にかかった声で演じる大妄想にお客さんも思わず大笑い、芸の域がますます広がる!

 

子別れ(牛〇) 子は鎹(かすがい)、人情噺の代表作。志ん朝ばりの明るさとテンポで笑いをとりながら、親子の情愛をしんみりと聴かせ、観客も感動の涙!さすがさすがの大トリでした。よかった、よかったでお客さんを見送りできました!

 

皆で写真を撮り、ちょっとだけ反省会。帰るころは、私たちの心同様、すっかりいい天気になっていました。佐賀を笑いで元気にする!少しはできたかな。

次回は8月20日(土)です。

f:id:sukesuke83a:20220320114239p:plain

第22回プログラム

来週土曜日の第22回の夢咲落語会のプログラムが決定しました。

今回は春らしい華やかな楽しい噺、ほろりとくる人情噺の大ネタでお楽しみいただきたいと思います。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

当日の会場ではいつも通りのコロナ対策で開催したいと思います。ご協力のほどよろしくお願いします。